秘境・西表島への旅は1泊2日でも楽しめる!

西表島の位置や特徴について

西表島は沖縄本島の約500km南西に位置する八重山諸島の一角を占める島です。沖縄の離島の中には、森林が少なく、島全体にパノラマの景色が広がる島が多い傾向にあります。一方、西表島は島全体がジャングルとなっていて、視界が開けている場所は海沿いしかありません。石垣島や宮古島と比較し、都市開発も進んでおらず手つかずの自然が残されており、巷では「秘境」と呼ばれている傾向です。

そんなにアクセス環境は悪くない

秘境と呼ばれる傾向の西表島ですが、そんなにアクセス環境が悪いわけではありません。確かに空港すらないものの島の近くに石垣島があるのが大きく、まず石垣島には全国の主要空港から直行便でアクセスする事が可能です。そして、石垣島南部の港からは35分から40分で到着しますので、東京からだと、船が出航するタイミングが合えば基本的に5時間以内で到着します。例えば、朝に東京の羽田空港から飛行機に乗ると、空港・港を経由して昼頃には西表島まで辿り着きます。そして、移動距離・移動時間が長いため基本的には2泊以上の旅行がおすすめですが、滞在時間が短くてよいなら2日間の休みがあればOKです。

西表島でのおすすめの過ごし方

西表島は緑が豊かなため、沖縄の海で遊ぶ事に新鮮味を感じられなくなってきている場合は、秘境と呼ばれる森林内で過ごすのがおすすめです。例えば、内陸部では滝の音や鳥のさえずりを聴きながら、のんびりした時間を過ごす事が出来ます。また、必ず遭遇できるわけではないものの、天然記念物に指定されているイリオモテヤマネコの鑑賞ツアーも存在します。

フラマイレーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です